車検はなぜ高い?高くなる理由を徹底解説!

on

意外と知られていない高くなる大きなポイント

買い替えを考えてしまうほど車検費用が高く大きな負担になってしまいますね。なぜこんなにお金がかかってしまうのか大きな疑問になるのですが、実は案外知られていない高くなる大きなポイントがあるんです。そのポイントになるのが、税金です。車検時に支払いしなければいけない税金があり、それが自動車重量税です。車が重くなればなるほど金額が高くなる税金で、車検の中で一番の負担となる部分です。安くするためにも購入時に重量がどのくらいで税金がいくら必要になってくるのか調べることがオススメです。

車検をお願いするお店も高くなる原因

車検は重量税や自賠責保険などの法定費用が必要なのですが、その他にもかかってしまうお金があります。そのお金が、整備にかかる費用や車検代行の費用です。整備費用や車検代行費用はお店によって大きく違い、数万円ほど違ってきています。いかに法定費用以外の部分で抑えられるのかが安くするための重要なポイントで、情報を集めて安いお店を探しましょう。自動車に関して詳しいようならユーザー車検を受けましょう。ユーザー車検なら法定費用以外不要となるため安く車検を受けることが出来ます。

避けられない修理も高くなるポイント

車検時に自動車に何かしらの故障があっても修理するのかどうか選べるようになっていますね。ですが、どんな故障でも選べ修理しなくても良いわけではないため注意が必要なんです。故障内容によって車検合格が出来ない場合があり、必ず修理をしなければいけなくなります。マフラーの故障やドライブシャフトブーツの破れ、ライトの球切れ等があると車検不適合となります。球切れなら数千円程度で済みますが、マフラーやドライブシャフトブーツなどの修理には数万円必要となってきます。高い修理が発生する点も車検費用を高くしてしまうポイントです。

車を所有している上で避けて通れないのが車検です。車検は、車によっては費用が高額になることも多いですが、ガソリンスタンドやカー用品店では比較的車検の料金は安い傾向にあるので、費用を抑えられます。