おすわりができたら買ってあげたい!人気の赤ちゃんのおもちゃ3つ

形合わせ(6か月から)

最初は寝ているだけだった赤ちゃんも、背筋を伸ばして支えがなくてもおすわりできるようになると、いろんなことに興味を持ち始めます。鮮やかな色と形が好奇心を刺激する「形合わせ」はつまんだり離したりして箱の中に同じ形のブロックを入れるおもちゃです。明るい色のプラスチック製のものや赤ちゃんに優しい木製のものまで種類も豊富です。箱の中にうまく入れられたら「すごいね!上手だね!」と声をかけてあげると、楽しくてどんどんできるようになりますよ。

赤ちゃん新聞(6か月から)

おすわり期になると、ビニールや紙などの素材に興味を持ちはじめ、くしゃくしゃにしたり口で舐めたりして遊ぶ赤ちゃんは多いです。でも新聞や広告を舐められたりしたら大変なので、おもちゃの「赤ちゃん新聞」がおすすめです。つまんでかしゃかしゃしたり、口に入れてなめても大丈夫。洗濯もできます。最初はくしゃくしゃにしているだけでも、慣れてくると自分で「めくる」動作もできるようになるので、まるで赤ちゃんが新聞をじっくり読んでいるみたいでとっても可愛いですよ。

コップ重ね(7か月から)

指先が器用に動かせるようになったら「コップ重ね」のおもちゃがオススメです。コップの底面が丸くなっているので赤ちゃんにも重ねやすくなっています。お風呂でも使えるので、お湯を入れてシャワーごっこをしたり、重ねて数を数える遊びをしたりと用途はたくさん。お風呂がきらいな赤ちゃんも楽しい入浴タイムを過ごすことができますよ。おかたづけも簡単で場所を取らないので、とても便利です。おすわり期は、口に入れても大丈夫なおもちゃでいっぱい遊んでほしいですね。

幼いお子様がいる家庭では、要らなくなったおもちゃが多く出てきます。そんな場合は、出張査定が出来るおもちゃの買取専門店に依頼すると良いです。